ガラス修理を依頼しよう

ダンススタジオの鏡はガラス修理業者に相談可能

公共施設でガラスを破損させてしまった場合は、修理を実施してガラスを元通りにしておく必要があります。公共施設に設置されているサイズの大きいガラスや鏡は、ガラス修理を取り扱っている業者に交換してもらうことができます。

鏡ガラスの概要

スポーツジムなどで設置されている巨大な鏡は鏡ガラスというガラスの一種であり、いろいろな店舗で鏡ガラスは利用されています。しかし鏡ガラスは耐久力が低いため、強い衝撃などを受けると割れてしまう可能性が高いです。万が一施設で利用している鏡ガラスにヒビや割れが生じた場合は、ガラス修理業者に交換を依頼しておきましょう。特注品であるため制作には時間がかかりますが、ガラス修理業者に依頼を行なっておけば迅速に交換することが可能です。

鏡とガラスの違い

ガラスと鏡は似たような性質を持っていますが、製品の持つ特徴や製造されるまでの工程はそれぞれ異なります。まずはガラスと鏡が持っている特徴や製造工程を確認して、製品の違いをしっかりと把握しておきましょう。違いが把握できているとガラス修理もスムーズに行なうことが出来るでしょう。

鏡はガラスの裏に銀やアルミニウムなどを蒸着したものであり、可視光線を反射するため鏡に反射した風景をそのまま見ることができます。最近ではプラスチック製の鏡などを取り扱うガラス修理業者も増えているので、用途に合わせて好きなものを選択することが可能です。
ガラス
ガラスは石英や炭酸ナトリウムなどの素材を高温で溶融させたものであり、主に無色透明で一定の硬度を持っているのが特徴です。汚れを落としやすく薬品などの影響も受けにくいため、窓だけでなく食器などにも利用されています。興味のある方はガラス修理業者に確認してみるといいでしょう。

鏡ガラス修理や交換は最短でどれくらいで可能?

ダンススタジオなどの施設で利用されている鏡ガラスはとてもサイズが大きく、施設によっては連張りのガラスを使用していることもあります。こうした製品は特注品であるため、修理するとなると長い時間がかかってしまうことが多いです。

作業開始の目安はどれくらいですか?
早くても修理が完了するのは翌日以降になるため、ガラス修理を行なう際は割れた鏡の取り扱いに十分注意しなければなりません。高い技術力を持った業者の方に修理を依頼しておけば、修理時間を短縮することができます。
ガラス修理にかかる時間はどれくらいをみておけばいいですか?
一般的にダンススタジオなどの施設で設置されている鏡ガラスは基本的に約2メートル程の高さがあるため、交換を行なう際は3時間から4時間程の時間が必要になります。そのためガラス修理を依頼する際は業者に見積もりを依頼し、作業時間などを事前に確認しておかねばなりません。いろいろな業者に見積もりを依頼しておけば業者ごとの設置時間を比較することができます。
TOPボタン