保証を利用してガラス修理

スタジオミラーや施工後の保証加入も検討してみよう

鏡ガラスは長い間利用すると劣化する

鏡ガラスは時間の経過とともに破損などのトラブルが発生してしまう可能性が高くなります。トラブルが発生することによって鏡が使えなくなるのを防ぎたい場合は、設置した鏡に保証を付けてもらいましょう。

大きな鏡ガラスを設置する際の注意

大きな鏡をスタジオに設置する際は破損やヒビなどのトラブルが発生するのを考え、鏡に保証サービスを付けてもらう必要があります。 鏡の修理や販売を取り扱っている業者の中には、鏡の破損保証や落下保証を取り扱っている業者が登場してくるようになってきました。こうした業者から保証サービスを提供してもらえば、保証期間の間は鏡の修理や交換に資金を消費することはありません。

防錆保証も役立つ

落下保証は鏡の落下が発生した場合に、破損保証は物をぶつけたりした時に鏡の無償交換を実施してもらうことが可能です。また防錆保証をつけておけば、浴室などの場所に設置する防湿ミラーの腐食を防ぐことができます。

ガラス修理は保証のある業者に依頼

鏡ガラスを使用する場合には点検を行ない、鏡に関するトラブルが発生しないように注意しましょう。新しく鏡やガラスを設置する際は高い技術力を持つ業者に取り付け作業を依頼しますが、まれにガラスのサイズが相違していたり設置場所がずれていたりすることがあります。こういったトラブルが発生すると作業のやり直しが発生し、作業費用が高額になってしまう可能性が高いです。しかし業者の方が保証を用意していると、作業費用を負担する必要がありません。

自分で鏡ガラスを取り付けたら落下して大変だった(35歳/女性)

ダンススタジオをオープンする時の準備で、姿見に使用する鏡ガラスを自分で取り付けました。だけど、スタジオオープンから1週間後の営業終了後に突然鏡が落下して大惨事。人がいなかったので怪我をする人はいませんでしたが、本当に危ないので業者に依頼をした方がいいと感じました。

TOPボタン